デザイン住宅ってどんな家?

「デザイン住宅」という言葉を聞いて、皆さんはどんなイメージをお持ちですか?そもそも、一般的な家と何が違うのか気になりますよね。今回は、デザイン住宅とはどんな住まいのことを指すのか?特徴は?どんな人におすすめなの?気を付けておきたいポイントなどをまとめてご紹介していきます。

デザイン住宅とは

実は「デザイン住宅」という言葉に明確な定義はありません。一般的には、よりデザイン性の高い住まい=デザイン住宅と呼ばれ、外観やインテリア、空間づくり等、ひとつのコンセプトを持って総合的にデザインされた住まいのことを指します。

デザイン住宅の特徴って?

デザイン住宅の最大の特徴は、「自分の理想を形にできること」です。ライフスタイルを反映させたプランはもちろん、自分好みのデザインテイストで、細部にまでとことんこだわった家づくりができます。

趣味を活かした家づくりができる

例えば、車好きな方は、リビングからガレージへ行き来できる間取りだったり、自転車好きな方は、玄関土間を広々とつくりメンテナンスやインテリアとして楽しむ空間をつくったり…日々の暮らしを充実させる住まいも実現できるしょう。

デザイン住宅はどんな人におすすめ?

一般的な注文住宅よりもデザイン性が高く、他にはない個性的な住まいを実現することができます。オリジナリティーあふれるお洒落な家を建てたい方や、趣味を活かした家づくりをしたい方等におすすめです。

「どんな家で暮らしたいか」を明確に

工務店や建築会社選びの前に、まずはどんな家を建てたいか、どんなテイストが好きなのかを、雑誌やSNS等で自分好みの住宅をピックアップすることからはじめましょう。デザイン住宅のテイストの中では、「シンプルモダン」や「ナチュラルモダン」が人気が高く、採用する方も多いようです。

「シンプルモダン」

デザイン住宅でよく目にする「シンプルモダン」は、建物全体の形が直線的でシンプルなスタイル。白やグレーと言った落ち着きのある色合いを採用し、スタイリッシュで洗練されたデザインが特徴的です。

「ナチュラルモダン」

シックで都会的なモダンテイストに、木のぬくもりをプラスした「ナチュラルモダン」。木の質感を活かした外観や、自然素材をふんだんに使った内観など、洗練された空間でも、あたたかみのある印象を与えてくれます。

デザイン住宅の家づくりポイント

デザインに捉われず、実用性も重視して

デザインを優先した結果、住み心地や快適性を犠牲にしてしまうケースもあります。設計士や担当者に理想の家を伝えた上で、実現するとどんなデメリットが発生するのか確認することが大事です。住んでから「失敗した~!」とならない為にも、デメリットの面もしっかりと把握しておきましょう。

デザイン住宅が得意な会社を選ぼう

工務店等によって、「強み」や「得意分野」が異なります。希望の暮らしに合った住まいが、その会社の「コンセプト」と合致しているかをしっかりと見極めたいですよね。理想のテイストの写真等をぜひ提示し、担当者にイメージをしっかりと伝えましょう。会社の「強み」と自身の「理想」がマッチすると、安心して家づくりをスタートすることができますよ。

理想のデザイン住宅に住むことによって、より暮らしは豊かになるはずです。どんなライフスタイルを送りたいか、ご家族とじっくり話し合って素敵なマイホームを完成させてくださいね。

宮城でデザイン住宅の提案が得意な会社

ウンノハウス

施主の理想を汲み取り、本当に建てたい理想の家を具現化するために、初期段階から担当設計士が打ち合わせに同席。先々まで考え使い勝手も考慮しながら、施主の「好き」をとことん追求した、デザイン性溢れる住まいづくりを提案してくれる。

ウンノハウスについてはこちら

杜設計グループ

一級建築士事務所「杜設計」が手掛けるブランド「杜ハウス」。設計士、インテリアデザイナー、造園家がチームになって、理想の住まいを叶える同社は、元からその地域に自生していた植物を中心とした素材や植栽を中心に、自然と調和した住まいづくりを得意としている。

杜設計グループについてはこちら

三井ホーム

住まい手と対話を重ねて想いを共有し、暮らしやすさはもちろん、生活を楽しむ住まいを提案してくれる同社。経験豊富な建築家やインテリアコーディネーターなどが集結し、一邸一邸を専属チームで担当してくれる。世界の建築様式や最新トレンドまで多彩なスタイルを自由に選べ、オーダーメイドの家づくりが可能。

三井ホームについてはこちら

※上記で紹介したハウスメーカーは、参考一例となり、標準仕様ではない場合もございます。より詳しい情報を知りたい方は、建てる窓口までご相談ください。

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約