土地探し(新規分譲地と仲介土地の違い)

知っておきたい土地の種類

土地を探す段階において、大きく2つの選択肢があります。新規分譲地と一般仲介地の2種類です。今回はこの2種類について、ご説明いたします。

新規分譲地とは

以前は広い範囲で別の用途になっていた土地を新しい住宅地として造成した土地

一般仲介地とは

以前売主が利用していた土地をそのまま購入する土地

新規分譲地の特徴

新規分譲地のメリット

  • 新しい家が並ぶので街並みが綺麗
  • 隣近所も新築となるのでご近所関係も一から構築出来る
  • 住宅建築のために造成されている土地においてはインフラ整備されている
  • 道路が広い

新規分譲地のデメリット

  • 場合によっては地区計画など、分譲地ならではの制限があることも
  • 分譲規模によっては、駅から離れた郊外になりがち
  • 建築条件付きで販売されている場合、建築会社が限定される

一般仲介地の特徴

一般仲介地のメリット

  • 立地条件が広範囲にわたって選択可能
  • 販売されていなくても空き地の所有者に売却交渉なども出来る
  • エリア問わず、物件量が豊富

一般仲介地のデメリット

  • 古い団地などのケースが多く、ご近所との家族構成が合わないことも
  • 道路が狭いケースがある
  • インフラ関係が整っていなかったり、劣化しているケースがある
  • 上物付きで売り出されている場合、解体費用がかかる

土地を探す際は、何がご家族にとって重要なポイントか?という事を考える事が大切です。「綺麗な新しい土地が希望で、〇〇駅に近い所がいいなあ。そんな土地が出て来ないかなー」という様な探し方は、少し無謀かもしれません。AとB、どちらを優先するか?という選択は住宅選びでは度々ぶつかる問題です。譲れない希望、妥協も検討出来るポイントなどをご家族で整理しましょう。

土地探しを依頼する
家づくりの相談をする