住宅ローン基礎知識(金利)

固定?変動?フラット?金利の種類

家を建てるとき、ほとんどの方が利用する住宅ローン。大きな金額を長い年月をかけて返済させて頂くことになります。そんな大事なお買い物をする前に、今回は金利の種類についてお伝えさせて頂きます。

金利とは…お借入金額に応じてかかる利子のことです。その利子には大きく3つの種類があります。

金利の種類

固定金利

その名の通り、決められている期間は金利が変わりません。固定期間後に固定金利にするか変動金利にするかをまた選ぶ形となります。金利については、その時点で定められている金利のため、選ぶ金利によっては返済額が変わります。

メリットとしては、固定期間中は返済額が変わらないため、安心して支払い計画を立てることが出来ます。デメリットとしては、変動金利よりもリスクがない分、金利が高いことが多いです。また、固定期間終了後に変動金利に切り替える際は手数料がかかるケースがあります。

フラット35(全期間固定型)

こちらはお借入をする期間の金利が、最後まで変わらない金利です。住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携している住宅ローンです。

メリットは、世の中の金利が上昇しても、毎月の支払いがずっと変わりません。低金利時にローンを組んでしまえば、期間中低い金利で返済出来ます。デメリットは、固定金利と似ていますが、さらに低い金利が出たときや借り換えをしたいときに手数料などがかかるケースがあります。

変動金利

借りている期間も金利実勢によって、金利が変動し続けるのが変動金利です。いきなり返済金額が増えるのでは…と不安に思われる方もいるかもしれませんが、実際のところそうではありません。半年ごとの金利見直しがされ、実際の返済額は5年ごとに見直し、その間は支払額が変わらず、元金と利息の割合で調整となります。つまり、「金利上昇→利息の割合が増える」「金利低下→元本の割合が増える」という形で、5年毎の見直しで返済が変わります。

また、変動金利には「1.25倍ルール」というものがあり、万が一急な金利上昇があったとしても、見直し前の返済額から1.25倍を上限にそれ以上に上がることはありません。(上限以上が免除ではなく、支払利息を優先し元金繰り延べ)変動という名ではあるものの、金利が上がっても、返済額の予測がつくため安心です。

メリットは、固定・フラット35に比べると金利が安いことです。デメリットはやはりその分、金利が上がるリスクがあるので、金利動向の見極めなども大切になってきます。

いかがでしたか?同じ住宅ローンでも金利の種類によって考え方は変わります。家づくりはとても大きな買い物です。予備知識をつけておくことで、実際に家づくりを考えるときに安心して進められると思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

でお問い合わせ
ご対応時間 9:00-18:00
でお問い合わせ