知っておきたい暖房設備・器具の種類

色んな種類がある暖房設備、新築時に何を採用すればいいのか悩まれる方も多いいはず。快適さはもちろん、短時間で室内を暖めたい人や、じんわり暖まりたい方等、人によって重視したい性能は様々です。今回は各暖房設備の特長や、新築で使用する際に注意するポイントをまとめてみました。

住まいの暖房設備の種類

それではどんな種類が存在するのか一緒に確認してみましょう。

FF式ストーブ

煙突によって外から燃焼に必要な空気を吸い込み、家の中に暖かい空気を送るFF式ストーブ。燃焼後の排気は外に放出されるため空気を汚さないのがメリットです。また、速暖性が高く、パワフルな暖房が特徴。寒冷地に設置する方が多いようです。

床暖房

足元からじんわりと部屋を暖めてくれる床暖房。室内の面にあたる床を広範囲で暖めるため、どこにいても暖かさを実感しやすいのが魅力です。また、エアコンなどと比べ乾燥がしにくいため、肌や喉に優しい暖房と言えるでしょう。

薪ストーブ

ゆらゆらと燃える炎や、パチパチと薪のはぜる音が楽しめる、暖かさと一緒に心の癒しを与えてくれる薪ストーブ。遠赤外線効果により、他の暖房設備では味わえない、柔らかな暖かさが味わえます。また、災害時・停電時でも暖を取れる、明りになる、調理ができるので、いざとなった時にも活躍してくれます。

量販店で買える暖房器具

エアコン

空間全体を温風の循環で暖めるので、リビングなど広い範囲に最適です。近年では寒冷地仕様のエアコンも登場し、性能も良くなっています。火を使用しないので、小さい子どものいる家庭でも安心して使うことがでいます。

石油ファンヒーター/ストーブ

石油ファンヒーターの場合、灯油を燃やし、熱風によって室内を暖めてくれる為、比較的あたたまるのが早いのが特徴。石油ストーブは電気がいらないので、薪ストーブ同様、災害時、停電時でも利用できます。

高気密高断熱の家では使っちゃだめ?

石油ファンヒーター/ストーブは、酸素を消費して二酸化炭素と水蒸気を多量に排出する暖房器具です。その結果、結露が原因でカビが発生したり、空気環境が悪化し室内に一酸化炭素が充満し、中毒症状を起こしてしまうリスクが高くなります。24時間換気システムがあるから大丈夫と思っている方も中にはいますが、これらを排除できるシステムはないので、使用しないようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?すっかり寒くなってきた今日この頃。床暖房の使用感や薪ストーブの暖かさなど、モデルハウスで体感できる場合もあるので、実際に体感した上で、納得のいく暖房設備を設置して快適な暮らしを叶えましょう。

もっと詳しく知りたい
お問合せ/来店予約