建築条件付き土地って?

物件探しで「建築条件付き土地」というのを見たことはありませんか?これは文字通り条件のついた土地です。その条件と言うのは、土地を買った後一定期間内に指定された建築業者で家を建てるというものです。今回はこの条件付き土地について見ていきたいと思います。

建売に対して「売建」と呼ばれることも

一般的に土地を買えば、その土地にいつどんな家を建てるのかは購入者の自由です。これに対し建築条件付き土地は、「決められた施工会社で家を建てること」と「その会社と一定期間内に請負契約を結ぶ事」という2つの条件があります。決められた施工会社というのは、土地の売主か売主の指定する施工会社です。また一定期間と言うのは基本的に3ヶ月ですがその建築条件付き土地ごとに異なります。

このように土地の売買契約をしてから3ヶ月以内に家の間取りや仕様を決めて指定された請負契約を結ぶ必要がある土地を「条件付き土地」と呼び「売り建て住宅」とも呼ばれることがあります。建売住宅や分譲住宅と似た特徴を持つ家が建ちますが、家を建ててから売るのではなく、まず土地を売ってから家を建てる形式になります。

条件付き土地の購入から建物完成までの流れを見ていきます。

  1. 土地の売買契約を結ぶ
  2. 指定施工会社と仕様の打ち合わせを行う
  3. 施工会社と建築工事の請負契約を結ぶ
  4. 着工→完成→入居

ここで気をつけたいのは、条件付き土地の場合土地と建物代金を一緒に住宅ローンで借りられないことです。土地の売買契約と建物の請負契約でそれぞれの契約になるので1つの住宅ローンにまとめることはできないのです。その代わりに、銀行によってはつなぎ融資や分割融資と言う方法を扱っているところもあるので調べてみるのも良いでしょう。

次に条件付き土地のメリットデメリットを見ていきましょう。

建築条件付き土地のメリット

間取りが自由(ある程度決まったパターンもある)

例えば子供の人数が多い、将来的に同居の弟がある、リモートできる仕事場が欲しいといった要望にも対応できます。

仲介手数料がかからない(売主の場合)

ケースによりますが、売主から購入する場合、仲介手数料は発生しません。(施工会社=売主の場合など)

土地購入から完成までが比較的短期間

土地購入から請負契約までが基本3ヶ月と決まっているため、ズルズルと長くなる可能性が比較的少ないでしょう。

建築条件付き土地のデメリット

施工会社を自由に選べない

上記で述べましたが、施工会社が決まっているから条件付きなのです。基本的に条件は外れません。稀に条件付きを外して販売対応するケースがありますが、価格が上がることがほとんどです。

一定期間内に間取りや仕様を決めなければならない

じっくりと間取りや設備を考えたい方の場合、一定期間で全て決まってしまうのは気になるかもしれません。

相見積が取れない

施工会社が決まっているため、他の会社で同じようなプラン建築した場合どのくらいの価格差があるのかを比べることができません。

いかがでしたか?

条件付き土地と言うのは注文住宅と建売住宅のいいとこ取りをしたようなケースになるかと思います。ただその分土地の購入や価格、家の仕様について制限があったり自由にできるところがあります。自分にあった家の建て方を探してみてくださいね。

土地探しを依頼する
お問合せ/来店予約