キッチン形状メリット・デメリット①

ライフスタイルからカタチを選ぼう

家づくりの中で、特に女性がこだわりたい場所が「キッチン」ではないでしょうか。キッチンといっても、カタチは様々。どれが自分達の暮らしに合っているか、悩んでしまいます。ライフスタイルや理想の暮らしを考えて、それぞれの特徴からメリット・デメリットから、キッチン選びをしてみましょう。

面積も費用もコンパクトに。Ⅰ型キッチン(1列型)

コンロとシンクが1列に並んでいるキッチンで、シンプルでコンパクトな形。一直線のキッチンが壁に付いている。Ⅰ型の壁付けキッチンに作業台やテーブルの機能をもたせたアイランドカウンターをプラスするパターンも人気。

Ⅰ型キッチンのメリット

  • デッドスペースが少なく、建物面積が限られた間取りにも対応
  • 費用を抑えられる
  • キッチンの壁に大きな窓を設ければ、眺望を眺められる
  • 眺望が自慢のロケーションにもぴったり

Ⅰ型キッチンのデメリット

  • 料理や片付けの際、家族に背中を向けてしまう
  • 配置を気を付けないとリビング、ダイニングからキッチンが丸見えになってしまう
  • シンク、コンロ、冷蔵庫…と横長の移動となり、動線が悪くなりがち

作業スペース広々!Ⅱ型キッチン(2列型)

コンロとシンクが2列に分かれて配置されたⅡ型キッチン。コンロとシンクでカウンターの高さを変えることもでき、使い勝手を追求できる。

Ⅱ型キッチンのメリット

  • 作業スペースを広く設けられる
  • 夫婦や親子でキッチンに立っても余裕の広さ
  • 体の向きを変えるだけですぐにどちらにもアクセスできるので、作業効率もアップ!

Ⅱ型キッチンのデメリット

  • お鍋などの移動が多く、シンクとコンロの間の通路スペースが汚れやすいのでこまめなお掃除が必要
  • 広いキッチンスペースが必要になる
  • 家事動線は短くなるが、振り返る動作が多くなる

作業効率アップ!L型キッチン

コンロとシンクの部分が90度で向かい合う形のキッチン。アルファベット文字の「L」の形状となることから「L型キッチン」と呼ぶ。家事効率が上がり、夫婦どちらも料理をする方にも選ばれている。

L型キッチンのメリット

  • 調理、盛り付けのための広めの作業スペースが確保できる
  • 調理済みの鍋なども置くことができる
  • シンクとコンロが両側にあり、体を90度変えるだけで両方の作業ができ、作業効率もあがる
  • 夫婦や親子でキッチンに立って一緒に料理ができる

L型キッチンのデメリット

  • 収納がたくさん確保できるがコーナー部分がデッドスペースになりやすい
  • 冷蔵庫、食器棚のスペースが確保しにくい
  • シンクとコンロの使いやすい距離バランスに注意が必要

まとめ

いががでしたでしょうか。少しずつ、理想とするキッチンのイメージが湧いてきましたか?次回は人気のアイランドキッチンなどをご紹介します。

もっと詳しく知りたい
お問合せ/来店予約