住み替えローンって?

住み替えローンという言葉を聞いたことありますか?住宅ローンとは少し意味合いが違ってくるローンです。今回はこちらのローンについて詳しく解説していきたいと思います。

住み替えローンとは?

人生の転機は突然訪れます。離婚や転勤、同居など、それに伴い家の売却が必要になることがあります。住宅ローンが残っている場合、売却額と自己資金の合算が残りの債務金額より少ないと抵当権を抹消できません。抵当権とは、住宅ローンを返済できなかったときのために自宅を担保に入れること。抵当権がついたままですと物件を売ることができないのです。

そこで登場したのが、住み替えローンです。ローンの残りから売却額を相殺した後の残債分を清算するために借入を行った上で、新しい家のローンを合算して借り入れることができるローンです。

住み替えローンを借りるまでの流れ

住み替えローンのプラン検討

住み替えローンを用意しているプランを調べましょう。各金融機関で条件や新居の担保額によって変わってくるケースもありますので、きちんと話を聞いて比較検討していくのがおすすめです。合わせて資金プランも計画していきましょう。

今の家の売却を依頼

物件を希望に沿った金額や期間での売却をサポートしてくれる会社を選びましょう。売却をお願いするときに、あらかじめ住み替えローンを利用する予定であることも伝えましょう。

新居の購入

既存物件の売却と合わせて、新居を検討していきましょう。新居の売買契約の際には、必ず「買い替え特約」をつけましょう。この特約を付けることで、一定期間の内に既存物件を条件にあう売却ができなければ、新居の売買契約を無効にすることができるからです。

住み替えローン利用時の注意点

とても便利なローンですが、利用する際には注意しておきたいこともあります。

高額な債務

売却物件の残債の清算と購入物件の両方に使う住み替えローン。そのため購入金額が高額になります。万が一収入が減ったりなくなったりすると返済に支障が出てくるので、返済額や返済期間を十分考慮して資金プランを立てましょう。

厳しい審査

借入額が高額となるため、融資の条件が厳しくなる傾向が強いです。日頃の引き落としや過去の返済状況、年収も勘案されますので、このローンを検討する場合はキャッシングの使用を控えるなど、できるところで注意が必要です。

売却と購入の決済日は同一に

このローンを利用するには、家の売却と新居の購入の決裁日・引き渡し日が一緒である必要があります。売却する家の抵当権の抹消と購入する家の抵当権の設定を行うので、手続きを同時に進める必要があるためです。そのためスケジュールとタイミングを見て不動産会社や金融機関とも相談の上、進めていくことが大切です。

いかがでしたか?

想定外のことにも対応してもらいやすい住み替えローン。借入額や期間、注意点などをよく考えた上で利用の検討をしてみてくださいね。

宮城県・仙台市での家づくりに関する相談は建てる窓口へ

今回ご紹介させて頂いた内容についてもっと詳しく知りたい方、ぜひ「建てる窓口」へご相談ください。 「建てる窓口」は、宮城県・仙台市など宮城県内全域で家づくりを検討している方向けの無料相談窓口です。宮城県内イオンモール2店舗(新利府南館店、富谷店)でご相談頂けます。お気軽にお問合せください。 詳しくはこちら
家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約