家を建てるなら知っておきたい「道路付け」

注文住宅を建てる時ための土地選びでは、道路付けや日当たりなどが重要視されます。なぜ重要かというと、道路が南向きの土地を選ぶと日当たりの観点ではとても理想的だからです。宮城県仙台市でも一般的にはそう考える方が多い印象です。
一方で、北向きの土地を選んだ場合は、日当たりはあまり期待できないものの、プライバシーを重要視する方にとっては好都合な環境だと言われています。一般的に、もっとも評判の良い土地は、北と南の二方向が道路に面している角地と言われています。

このように、建物と道路の位置関係は、その家の住み心地に強く関わってくるので、これから注文住宅を建てる方は知っておいて損のない知識でしょう。

「道路付け」とは?

「道路付け」とは、住宅を建築する敷地と前面道路の位置関係のことを指しており、具体的には、建物から見た前面道路はどの方向なのか、道路幅(幅員)は何メートルであるかの2つの項目で表示されます。表記例としては、道路がある方向と道路幅を「南7m」などのよう記載します。

道路付けごとのメリット・デメリット

注文住宅だけに関わらず、マンションなど新しい住居を検討する際、「日当たりも良いし、南向きの物件にしないと」となんとなく南向きが最も良いという既成概念に捉われていないでしょうか?実は、東西南北それぞれにメリット・デメリットがあるのでご紹介します。

北入りの土地

リビングを南向きにするケースが多いため、北入りの土地はプライバシーの確保ができるところがポイントです。一般的には南道路に比べると、土地価格が安いところもメリットでしょう。一方で、他の道路付と比較すると、隣地の状況にもよりますが採光が取りにくく、日が入りにくいというデメリットがあります。

南入りの土地

太陽光が入るのは南側なので、日当たりが良く明るいリビングを演出できるところがポイントです。また、家の正面を道路面につくるので外観がより魅力的に映るとこともメリットでしょう。一方で、開放感溢れる反面、室内に遮る物が無いためプライバシーの確保が難しくなります。また、人気の方角のため土地価格が高いところもデメリットです。

西入りの土地

昼から夕方までの西日がたっぷり差し込むので、午後は暖かく過ごせるところがメリットです。一方で、朝から昼までは採光の確保が難しいというデメリットがあります。

東入りの土地

配置の工夫によって、朝から昼頃までの採光をしっかり確保できるところがメリットです。午後の採光が入りにくい点がデメリットですが、良い土地を選ぶことができれば、南入りのメリットである採光と北入りのメリットであるプライバシー確保のどちらもバランス良く確保することができます。

まとめ

住宅建築用に土地の購入をする場合、「道路付け」によって住み心地が変わってきます。自分のライフスタイルに合った土地を選ぶことをおすすめします。

宮城県・仙台市での家づくりに関する相談は建てる窓口へ

今回ご紹介させて頂いた内容についてもっと詳しく知りたい方、ぜひ「建てる窓口」へご相談ください。
「建てる窓口」は、宮城県・仙台市など宮城県内全域で家づくりを検討している方向けの無料相談窓口です。宮城県内イオンモール2店舗(新利府南館店、富谷店)でご相談頂けます。お気軽にお問合せください。

詳しくはこちら

家づくりの相談をする(来店予約)
建てる窓口/来店予約