お掃除ロボが活躍する間取り

共働きや子育てファミリーなど、忙しい現代人の味方「お掃除ロボ」。一度使ったら手放せない!という声も多いほど、大人気の家電となっています。

家事の時短に役立つお掃除ロボですが、魅力を最大限に生かすには間取りや収納に工夫が必要です。せっかく新築するのなら、「お掃除ロボ」が活躍できるポイントを考えて、家事ラクな暮らしを追求してみませんか?

「お掃除ロボ」が働きやすい間取りとは?

便利なお掃除ロボを最大限に生かすには、ちょっとした工夫が必要です。「家事をできるだけ時短に」と考えている方は、以下のような「お掃除ロボが働きやすい間取り」を考えてみてはいかがでしょう。

  • 大型ワンルーム
  • 回遊型
  • 段差のない床
  • 平屋

では、詳しくポイントをみていきましょう!

大型ワンルーム

開放的なワンルームのようなLDKが増えていますが、そんな人気の間取りはお掃除ロボにとっても働きやすいです。扉を開けっぱなしできるように引き戸にするなど、各部屋を回ることができれば、より効率がアップします。

回遊型

LDK→洗面所→廊下→LDKと、部屋同士をクルクル回れる間取りを「回遊型」といい、家事動線もスムーズになるため人気があります。お掃除ロボも働きやすく、同じルートを何度も通らずに済むので、効率的にも◎。

段差のない床

段差に強いお掃除ロボも増えており、某メーカーのお掃除ロボは2㎝ほどの段差は乗り越えてくれるようです。しかし、より効率を考えたら、段差の少ない間取りを考えると良いでしょう。

平屋

1階、2階は流石にお掃除ロボも移動してくれません。ワンフロアLDKで回遊動線、段差がなく各部屋も引き戸などで開放できる…こんな平屋はお掃除ロボがフル稼働してれそうですね。

造り付け収納・家具がおすすめ

置き家具などで凸凹がある部分はお掃除ロボが苦手とするところ。入り込めない隙間では何度も方向転換し、非効率に。そこでおすすめなのが造り付け収納。すっきりと収まるため、お掃除ロボがスムーズに働いてくれます。効率を求めるなら、出来る限り家具を置かないようにしましょう。

お掃除ロボの「お家」も作ろう

せっかく新築するなら美的な部分も求めて、お掃除ロボの「充電場所」も考えて。センサーが感知でき、コンセントが近くにある場所、さらに生活空間から目につきにくい場所を考えるといいでしょう。お掃除道具を収納するスペースの扉の下部だけをオープンにして、お掃除ロボが自分で戻れる置き場所を作ることもおすすめですよ。

時短&美を考えた家づくりで快適に

便利な家電をフル稼働することで、時間にゆとりが生まれ、家族の時間や趣味を楽しむこともできます。家づくりの際には、最新設備を使いこなせる間取りや収納を考えると、便利で快適な暮らしが送れるはずです。

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約