尺モジュールとメーターモジュール

建築物の設計の基準となる規格寸法の単位のことを「モジュール」と言います。このモジュールには、「尺モジュール」と「メーターモジュール」があり、住宅展示場などにでかけると耳にすることも多いのではないでしょうか?

今回は、家を建てる際に知っておくと必ず役に立つ「モジュール」について解説します。

尺モジュールとは

日本で古くから使われていて、今でも主流とされているモジュールで、基準寸法(1区切り)が約91cm。畳のサイズが91cm×182cmですので、日本は昔から畳の大きさを基準に家を建ててきたことがわかります。

例えば6畳間の場合、尺モジュールだと、2.73m(1.5間)×3.64cm(2間)で、約9.94㎡。1坪は、1.82m×1.82mで3.3124㎡となります。

細かい設計をしたい場合に、尺モジュールの小さい単位が重宝します。狭小地などに家を建てる時には、尺モジュールが適していると言えるでしょう。

メーターモジュールとは

メーターモジュールは比較的新しい単位で、採用しているハウスメーカーや工務店はまだ限られています。

基本寸法(1区切り)は1m。6畳間の場合、3m×4mで12㎡。1坪は2m×2mで4㎡となります。

尺モジュールより約9cm長いことから、尺モジュールより広く設計できるのが大きな特徴です。しかし、畳やふすまなどのサイズが合わない場合があるので注意が必要です。

メーターモジュールのメリット

日本従来の尺モジュールとは異なる、新たな単位であるメーターモジュールが採用され始めているのは、やはりそこに大きなメリットがあるからです。
そのメリットとは、やはり尺モジュールよりも広く大きな家を建てられるということです。

基本採寸が9cm長いことで大きな差を感じるのは廊下や階段、トイレなど。たった9cmと考える方も多いかもしれませんが、実際に建物を見学するとその違いを実感できます。

ゆとりのある設計ができるので、車椅子を利用する場合にはメーターモジュールがオススメです。

尺とメーター、どちらがいいの?

尺モジュールとメーターモジュール、どちらを取り入れるかで間取りや面積だけでなく、建築費にも大きな違いが生じますので、一概にどちらが良いと言い切れるものではありません。

広々とした空間を設計したい場合にはメーターモジュールが適していますし、狭い空間の設計もできる尺モジュールにもたくさんのメリットがあります。ハウスメーカーや工務店を選ぶ際には、是非採用しているモジュールについても相談してみて下さいね!

宮城でメーターモジュールに対応している会社

スモリ工業

「健康」「頑丈」「快適」の3つをキーワードに掲げ、親から子、子から孫へ受け継ぐ大切な資産として、価値を維持し、安全かつ長期に渡って住み続けることのできる家づくりをしています。

スモリの家についてはこちら

積水ハウス

年齢や体格、体力の違い、身体機能の違いを超えて誰もが暮らしやすい住まいを提供するためにユニバーサルデザインを取り入れ、「いつもいまが快適」という「生涯住宅思想」を提唱しています。

積水ハウスについてはこちら

トヨタホーム

日本が誇る世界的企業「トヨタ」グループのハウスメーカーとして高品質なモノづくりを追求。ライフスタイルの変化にも柔軟に対応できる、未来を見据えた「快適・安心」な家を提供しています。

トヨタホームについてはこちら

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約