20代で叶える家づくり(タマホーム)

いつかはマイホーム購入を、と考えながらも「まだ若いから」と、賃貸住宅に住み、家賃を支払っている…そんな20代夫婦は必見です。「タマホーム」では、昨今、20代でマイホームを叶えている方が、とっても増えています。特段、貯金があったり、特別な援助があったり、というわけではなく多くのご家族が、一般的な家庭です。なぜ、若くしてマイホームが実現できたのか…その秘密を、探ってみましょう。

【よくある悩みと解決策】

メリットが多い20代のマイホーム購入!

家賃がかからないことはもちろん、持ち家なら自己資産となり、早く購入すれば、それだけ早くローン返済が終わる…多くのメリットを知りながらも、一歩踏み出せずにいる方は、それ以上の不安もあるからでしょう。今回は「20代ならではの悩みと解決策」をタマホーム仙台支店の佐々木さんと大平さんにお話をお伺いしました。

ローンの組み方など選択肢が増え、20代のマイホーム購入を後押し

大きな買い物をして、先々返済していけるのか、若い方は不安になるかもしれません。ただ、以前と比べてローンの組み方の選択肢が増え、20代のマイホーム購入を後押ししています。一般的に返済期間は35年ですが、今はより長く借りることができるローンもあり、返済期間を長くした分、月々の支払を軽くする方法もあります。タマホームでは、家族構成、収入、ライフスタイルから、様々なケースを想定してローンシミュレーションを行い、自分たちに合った借り方について、ご提案しております。借り方の選択肢が広がるのも早く建てるメリットです。

お金の専門家による「資金計画」で将来への不安を解消できる

家づくりを進める際は、建物のことだけではなく、資金面もしっかり考えますが、20代の方は特に丁寧に将来を見据えた資金計画を実施しています。営業担当者が丁寧にヒアリングするだけでなく、お金の専門知識を持つライフプランナーと相談しながら家づくりを進めるケースが多く、資金計画の悩みや疑問を解消してくれるため納得して購入することができます。数年後の家族構成の変化を考慮しながら、学費や生活費などの想定もし、色々なパターンでシミュレーションが出来るので、安心です。

転職を考えているなら「転職前」のマイホーム購入がおすすめ!

転職の条件・内容にもよりますが、転職をすると住宅ローンを借りるときに勤続年数の条件を満たせず、借りることができないケースも発生します。そのため、建てたいタイミングの時や、良い土地と出会えた時に、ローン審査が通らない…というリスクもあります。また、ローン審査の条件が整うまで待つことにより、その期間の家賃が余計にかかりますし、土地が売れてしまうことも。さらにローン完済の年齢も伸びていくことを考えると、「建てたい」と考えていらっしゃるなら、「転職前」がおすすめです。

暮らしに合わせてプラン変更可!家族計画がこれから…という方も安心を

家族計画だけでなく、ライフスタイルの変化は常々生じるものです。ですから、家づくりを先延ばしにするメリットはあまりないと思います。それならば、住みながら柔軟に対応できるプランをおすすめします。

例えば、2階子供部屋を大きなワンフロアとしてサブリビングや家事スペースとして活用し、将来は壁や収納を設けて分割する、2ドア1ルームのプランも人気があります。兄弟が増えても、子供達の成長過程に合わせても、変更することができます。子供だけでなく、将来は夫婦で趣味部屋にするなど、老後までも考慮したプラン提案をさせていただいております。

【実例】「20代に人気のプラン」

若い子育てファミリーに人気のあるプランをご紹介します。ぜひ家づくりの参考にしてみてください。

通り抜けできる、収納力抜群のシューズクローク

玄関横に大きなウォークスルーできるシューズクロークを設置。家族用とお客様用の玄関を別に設けているので玄関先はいつもキレイに。泥んこになって帰ってくる小さな子どもがいても安心です。
シューズクロークの中は、可動式の棚があり、収納力が高いので、育ち盛りのお子さんのシューズをたくさん収納できます。アウトドア用品もしまえるのでアクディブなファミリーに人気です。

勉強や遊び場に。マルチに活躍するスキップフロア

階段途中にあるスキップフロアも人気があります。勉強をしたり、お絵かきをしたり、家族の気配を感じながら、秘密基地のような感覚もあり、子供達も大喜び。成長に合わせてマルチに活躍してくれます。
スキップフロアにはカウンターや収納スペースも設置。小学生になったら、ランドセルの定位置にして、家庭学習や明日の準備も、ここで完了。キッチンに立つママとおしゃべりしながら楽しく過ごせます。

ユーティリティーは忙しいママの休息所にも

キッチンの隣には、カウンターを設けたユーティリティをつくってみてはいかがでしょうか。アイロンを掛けたり、書類を整理したり、忙しいママがちょっと休憩したり…。笑顔で子育てを楽しむために、時には自分の時間をつくりたいというママ達に人気のプランです。
ご主人専用の書斎(ワークスペース)を設ける方も増えています。テレワークやオンライン会議をする際も、自分だけの空間があると安心です。お仕事はもちろん、趣味スペースとしても大活躍。リビング一角か、独立型か…ライフスタイルや家族との距離感を考慮して設置場所を検討することをおすすめします。

実例については、宮城県内のタマホームモデルハウスにてご見学可能です。詳しくはお問い合わせください。

この会社について詳しく知りたいこの会社の関連記事を見る
家づくりの相談をする