介護のしやすい家

注文住宅の購入やリフォームをするとき、「現在」だけではなく「将来的」な家族の変化を見据えた家づくりが必要になります。「介護」という言葉を聞くと、高齢になった両親・義理両親を自宅に引き取り身の回りのケアをするイメージが強いと思いますが、配偶者や子供が病気・事故を起こし「介護」が必要な状態になってしまうというケースもあります。ですから、「将来的に両親と同居する予定はないんだけれど・・」という方であっても「介護のしやすい家」にしておくことは、万が一の備えとして必要になります。

「介護」のしやすい家の工夫とは?

「介護」を考慮した場合にどんな間取りにすべきなのか、どのような設備を採り入れると良いのかなど何をどこまでやるべきなのか判断するのはなかなか難しいのではないでしょうか。そこで今回は「介護のしやすい家」にするための工夫やポイントについてご紹介していきます。

「段差」の工夫

生活動線の段差を解消するだけで、室内を移動するときの負担は大きく軽減されるでしょう。車椅子の場合、段差があると移動が困難になるため、部屋の境目などの段差は極力なくしましょう。

「キッチン」の工夫

子供や高齢者は誤飲や喉の詰まりといった事故を起こしやすいため、万が一の事態があった時すぐに体調の変化に気付くことができるようキッチンからリビングが見える導線になっていると安心です。また、加齢や足腰が弱ってしまった時に備え、椅子に座って調理ができるキッチンにするのもおすすめです。高さを調節できるキッチンを採り入れたり、床部分を上下可能な仕様にして調整する方法もあります。

「トイレ」の工夫

トイレは寝室の近くに配置して広めに作るようにしましょう。寝室の近くにトイレを配置しておくと、体が思うように動かなくなってしまったときにとても使いやすいと感じるはずです。また、出来るだけ広めのスペースを確保し、手すりを設置することができればさらに安心ですね。車椅子の出入りがあったり、介護が必要な場合にもケアがしやすくなります。

「浴室」の工夫

介護者と一緒に入れるスペースの確保と滑り止めの設置をしましょう。浴槽や床は非常に滑りやすく、立上り部分で足をとられ転んで怪我をする可能性があります。滑りにくく柔らかい素材を使用することで、高齢者はもちろん小さな子供がいる家庭でも安心して入浴できますし、また、手すりを設置することでさらに安全が確保できます。

「玄関」の工夫

毎日を暮らしやすくするために、玄関の工夫はとても重要なポイントです。靴を脱ぎ履きする際に腰をかけるスペースを設けましょう。また、家に入る時に段があると車椅子や杖をついた状態では出入りが非常に困難となるでしょう。最初からスロープを付けて段差をなくすことができれば高齢の方も子供も安心です。ただ、スロープはスペースを必要とするので、家づくりの設計の段階から組み込んでおくか後付けできる場所を確保しておく必要があります。

まとめ

いかがでしたか?「家」は何十年も住み続けていく場所ですので、将来的な安全性や暮らしやすさにも目を向けることが必要です。家づくりを計画するときは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

でお問い合わせ
ご対応時間 9:00-18:00
でお問い合わせ