耐震・制震・免震のちがい

日本は外国に比べて、地震などの自然災害が特に発生しやすい国といわれています。そのため、住宅建築の際にも、地震リスクを回避できる対策を行うことがとても重要です。家づくりを考えているという方は、地震から身を守る強い家を建てるためにも「地震対策」について知っておきたいところです。

地震対策になる3つの構造

地震対策には「耐震」「制震」「免震」の3つの構造があります。それぞれの意味の違いは「耐震」が地震に耐えること、「制震」は地震の揺れを抑えること、「免震」は地盤の揺れを建物に伝えにくくすることです。ここでは、3つの構造の違いや特徴を具体的にご紹介していきます。

耐震

耐震とは、地震に耐えることです。地震の揺れに耐えられるように、建物を固めて頑丈にするつくりが耐震構造の大きな特徴です。具体的には、側面から耐震金具を打ちつけたり、骨組みの中に筋交いを入れて固めていきます。地震対策において最も基本的な手段なので、多くの建物で取り入れることができます。しかし、建物の損傷や倒壊を防ぐことが目的なので、揺れを抑える効果が低く、震災時には揺れを感じます。また、損傷が進むと耐震性は下がります。

制震

制震とは、地震の揺れを抑えることです。地震の揺れを吸収できるように、建物内部の柱や壁などにダンパーを組み込んだつくりが制震構造の大きな特徴です。耐震構造よりも地震による揺れが少なく、建物のひび割れや変形を少なくできます。制震構造は揺れを吸収することが目的なので、建物の損傷が少なく済みます。特に上階の揺れを抑えることに効果を発揮するので、高層マンションなどの背の高い建築物に有効的です。

免震

免震とは、地盤の揺れを建物に伝えにくくすることです。地震の揺れを受け流すことができるように、建物の基礎にアイソレータやダンパーなどの免震装置を設置するつくりを免震構造といいます。揺れを大幅に抑えることができるので、建物の損傷が少なく済みます。他の2つの構造よりも揺れを抑える効果が高いので、設置コストは高くなります。東京スカイツリーを代表に、大型の建築物に適用されることが多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?地震対策には、「耐震」「制震」「免震」の3つの構造があることをご紹介しました。今後、いつどこで発生するかわからない地震のリスクに備えて、家族みんなが安心・安全に暮らせる「頑丈で強い家」を計画的に建てたいですね。

もっと詳しく知りたい
家づくりの相談をする