東北ミサワホームの工法や特徴について

東北ミサワホーム
30年連続でグッドデザイン賞受賞

創業当初から「南極昭和基地」の建設をサポートしており、極地で培われてきた豊富な技術やノウハウが活かされた住まい。木質パネル接着工法「センチュリーモノコック構法」は、120mm厚の木質パネルを使用。そのパネル1枚1枚にまで厳しい自社品質レベルを設定している。「高耐震×大空間」「高断熱×大開口」という相反する要素を高いレベルで両立。ライフスタイルに合わせた商品も豊富にあるほか、デザインにおいては、1990年から30年連続でグッドデザイン賞を受賞し、キッズデザイン賞においても同賞が創設された2007年から連続受賞するなど、その取り組みは高く評価されている。

東北ミサワホーム の強み・こだわり

価格

坪単価60万円~。中高級価格帯メーカー。ライフサイクルコスト〇

設計提案

自由設計メイン。企画不明

土地情報

自社で10エリア以上あり

保証

専用住宅は構造35年、防水30年保証。さらに10年延長可能。365日24時間受付体制で緊急事態も即時対応

構造性能

標準仕様で住宅性能表示において7項目の最高等級取得。

経営安定

1969年設立。資本金1億円。
家づくりの相談をする